CATEGORY ニュース

新品を転売するときに古物商許可は必要? 警視庁の見解

安く購入・仕入れをして高く売ることで利益を出すビジネスを始めるなら、古物商の許可を申請しておきましょう。 よく論点に上がるのは、販売予定の商材が新品の場合について。古物営業法では、古物商許可が必要なのは同法で定める古物に…

古物商で消費者が「悪徳業者だ」と判断するポイント

意図せずとも、悪徳業者と見做されてしまった場合に営業が難しくなることがあります。特に、インターネットが発展している現代では、クチコミにより一瞬で広まってしまう可能性が高いです。 さまざまな理由により買取サービス名をたびた…

古物商のクーリングオフ適用範囲

古物商のクーリングオフ適用範囲

消費者だけではなく、古物商を営む人もクーリングオフの制度は覚えておかなければなりません。クーリングオフは、簡単に言うと法律で定められた返品に関する制度です。全てのサービスに適用される訳ではなく、特定のサービスにのみ有効で…

古物市場の情報を安く得る方法・警察に開示請求する方法

行政機関が保有している文書は、誰でも情報公開法に基づいて開示請求をする事が出来ます。つまり、開示請求をする事によって文書の内容を明らかにすることが可能です。 各行政機関によって保有している情報は異なります。警察もまた、社…

古物市場の禁止事項やマナー、1日の流れ

前回は、古物市場の情報を得る方法や初心者が参加しやすい古物市場の探し方についてお話ししました。最近はオンラインで参加できる古物市場も増えてきていますが、仕入れの範囲を広げていくのであれば、実地の古物市場で求められるマナー…

【転売による無許可などに注意】古物商の罰則まとめ

古物商は比較的簡単に取得できる許可です。そのため、サラリーマンや主婦、学生など副業として転売を考えている人達が、軽い気持ちで許可を取得するケースも少なくありません。 しかし、古物商を取得して古物営業を開始させるなら、必ず…